スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Are You Tough Enough?

P1060412.jpg

人間、できる!と自分を信じたときの底力はすごい。
信じるって大事。
勘違いから始まった私のキナバル山山頂への旅は現実のものへとなりました。

24th Mount Kinabalu International CLIMBATHON 2010

10月23日:男子ベテラン(男子40歳以上)&女子オープン:【制限時間】山頂まで3:30/ゴールまで6:30   
10月24日:男子オープン:【制限時間】山頂まで2:30/ゴールまで4:30
※私の参考練習タイム:山頂まで3:45/ゴール手前4キロ地点まで6:00 

そして、実はレース前日まで自分の制限時間を男子オープンと勘違い。
志高すぎ!?
そもそも公園局スタッフの言ってることを鵜呑みにしていた自分が悪いのですが。。スタッフもっとしっかりしてよ。。と逆恨み
でも天地がひっくり返っても時間内ゴールできないと思っていたところに可能性を見出し、俄然やる気に
とは言え、練習で一度山頂まで行ったといえどもその辛さは忘れがたいものがあり、練習タイムも制限時間をクリアできておらず、かなりの緊張感で当日を迎えました。

IMG_46400003.jpg

【10月23日午前7時】
男子ベテラン(40歳以上):241人
女子Open:121人
一斉にスタート。
とにかく3時間半以内に8.7KM先の山頂まで行ければ下りはなんとかなると思っていたのでとにかく集中して淡々と登る。7km地点(3,270m)のラバンラタまでほぼ予定通りの2時間で通過。そもそもギリギリのタイム配分なのでもたもたしてる暇はないですが、ここからが半端なく辛い。止まらないで歩くことで精一杯。。歩くというか這い登る??若干の頭痛を覚えながらも止まらないでひたすら登る。
辛くてやめたくなる
でも途中配備されている公園局のスタッフからエールをもらいやめられなくなる
できる、できる、できると呪文を唱え続ける。。

そして山頂まで残り200mの絶壁。
タイムリミットまで残り10分!
もうあんまりよく覚えてないけど山頂のスタッフからNAOMIがんばれと声援を受けギリギリ3:26:16で登頂!
登頂バンドをもらって余韻に浸ってる間もなく、花崗岩の岩場を滑りながら一気に駆け下ります。
P1060036.jpg
とにかく怪我さえしなければゴールできると言い聞かせながら更に集中。
そして別にやらなくていいのに最後1kmはダッシュ
案の定過呼吸になりながらゴール。

山頂まで8.7km: 3:26:16(リミット3:30) 
ゴール  21km: 5:36:31(リミット6:30)
順位     : 19位
燃え尽きた。。

ちなみに日本勢はハセツネの野村さんが7位、富士登山の落合尚美さんが13位と大健闘。

私が奇跡的にゴールしたというのに、公園局のボス面々は一言目には「おぉ、どうだった!?勝ったか?」と聞きます。
勝つってなんだ!?って思いつつも「ゴールするのが精一杯でした」と答えると「気にするな、また来年トライすればいいよ」と慰めてくれます。
簡単に言ってくれるよな~、一回そのメタボな体で走ってみはったらよろしぃ。
なんて、ここだから好きなこと書けますが(笑

翌日男子OPENは更に過酷。
制限時間が2時間も短い。
今年はマルコが自身の持っている大会記録を3分も更新して1位。
P1060337.jpg
新記録: 2:33:56
すごいねー。

でも表彰式すっぽかすのはダメダメよ~

※More Picture =>私の写真展
スポンサーサイト

theme : マラソン
genre : スポーツ

Climbathon1人合宿@Mt.Kinabaru

勢いでやってしまう悪い癖。。
御年Over 30 Years, 結構これでもなんとかなってきたけれど、今回ばかりはちょっと無理かも

来たる10/23&24、東南アジアが誇るキナバル山(4095M)を駆け登る山岳レース、その名もMt.Kinabaru International Climbathonに(勢いで)エントリーしたのですが、山岳レース全く初心者の私。
大会前にはトレーニングしたほうがいいよと公園局スタッフのアドバイスを受け、いざ1人コソ練のため山に篭ったわけです。
P1050996.jpg

そして1人、Climbathonトレーニング中という札を首からぶら下げスタート地点Tinpohon(1866m)から頂上のLow’sPeak(4095m)へ駆け上がれ~
そして駆け下りろ~
P1060012.jpg

P1060037.jpg

一応頂上まで行きました。
P1060039.jpg

しかもその日、その時間は頂上に私1人。
頂上付近に着いた途端きれーに霧が晴れていき、キナバル独り占め!
このまま天に召されるのかと思いました。。
この頂上を一人ぼっちで走ってると思う無性におかしくなってきて高笑い。
たぶん酸素が少なくておかしくなっていたのでしょう。

タイムは頂上まで3:45。
その後2時間ほどかけてようやくスター地点のTinpohon(1866m)に到着。
6時間弱もかかってしまった
本番はプラス4kmアスファルトを走るらしい。

男性Open制限時間3:30
女性Open制限時間4:30

去年男性優勝者の2:40とかどうやったらそうなるんだ?
飛んだのか?
P1060001.jpg

目標変更!
とりあえず頂上まで制限時間(3:30)内に行くぞ~!

※他写真は私の写真展

なんちゃってサバイバルトレーニング

私のいるサバ州公園局のクロッカー山脈公園にはこんな素敵なトレイルがあります。
tbc trail
全長約2km、熱帯特有の植物が生い茂りいろんな小動物や昆虫に出会うことが出来ます。
地元の学生等が課外授業でよく訪れます。

そして私はここをよく走っています
そもそも、そんなことしていいのか不明ですが職員の人もやっと慣れてくれました。

最近はよく雨が降ります。
午後1時間くらいザーッと。
雨が降った後のトレイルはとっても生き生きしてて気持ちいぃです。
そしてヒルも生き生き出てきます。
止まったらどこからともなく現れたヒルに血吸われるのでおちおち休んでられません

雨季のトレイルはサバイバルトレーニングの絶好のチャンス!
誰も共感してくれませんが、私は一人そう信じて今日も走ったのでした。

theme : ジョギング・ランニング
genre : スポーツ

Boreneo International Marathon 2010

Borneo International Marathon 2010
でフルマラソンを走りました

海外初レースドキドキです

フルは午前4時スタートで制限時間7時間。
他にハーフ(5:30~)と10KM(6:00~)があります。
コースも全体的にFlatで海沿いを走るいいコースでした。
P1030635_convert_20100504093937.jpg

なんだけど、
なんせ暑ぃっ!

7時頃からもう容赦ない直射日光で、しかも4時間くらいでゴールする人はちょうど30KM前後のつら~ぃ時。
気が遠くなりました。。
なんとかサブフォーはできたけど、きつかったー
ちなみに記録は、

自分の時計で:3時間59分11秒
女子40歳以下の部:6位

4時間以上かかっちゃいそぅという方にフルはお薦めできないなぁ。。
10KMがちょうどいいです。
10KMは6時スタートでまだ日差しがそんなに強くならないうちに終わるし、コースも海沿いで一番きれいなところを走るから楽しそうでした。
ただ、トイレがひとつもなかったのがアンビリーバブル
あったのかも知れないけど発見できず、道々のスタッフに聞いても「わからない」を連呼され、しょうがなく気合で我慢!!
しばらく内股走行で尿意がなくなるまで我慢でした。
こういうとき、男の人はいいよね~。気持ち良さ気に海に向かって放尿されてました。
くぅぅ~、羨ましかった。

それを含め他にも細かいこと言えばいろいろあるけど、いい大会です。
来年あたり知名度も上がってレベルアップしそぅ。
密かに賞金狙ってたけどもうあかんなー
resize1787_convert_20100506213338.jpg

でもでも、なんと言っても、走った後南国で飲むビールは最高っす

theme : マラソン
genre : スポーツ

東京マラソン2010

東京マラソン2年連続当選

確か9~10倍の倍率というから、ちょっと強硬スケジュールでしたが下山しました。

前日土曜日授業が終わり次第バタバタと上京
そのまま友人宅に転がり込んだのが21時近かったけどまたまた楽しすぎて例の如く飲みまくりー

そして翌朝、アルコール分解に必死になってる体に容赦ない冷たい雨。。
結構降ってるし…
このときばかりは正直当たらなければよかったと思ってしまいました。。

でも、とりあえずスタートラインについて、雨に打たれながら40分間じっ~~っと我慢。
石原知事の号令と共に紙吹雪の中を35,000人が一斉にスタート
私はありがたいことに一番前のブロックからスタート

「走り出したらテンションあがるだろう」と思ってたけど、半分過ぎまでただただ辛いだけ。
でもなんとも不思議ことに、仲間が出してくれてる絆AID(23KM地点)を過ぎたあたりからいい感じに頭がおかしくなってきて、足は痛いけど体は回復。
 そのままなんとかごまかしてゴールできました。
 
 記録は4時間5分
 
 今回はすべての給食&給食所に寄り道し、しかも沿道からもいろんなモノがもらえるので走った以上に間違えなく肥えた
 走り終わってもほとんどお腹すかなかったし…
 
 その後友人宅でお風呂に入れていただき、打ち上げ会場に駆けつける
こんときの方が間違いなく足取りは軽かったな
その日の内に再び北の監獄へ戻らければならず2時間ほどしかいれなかったけど、やっぱりみんなと飲むお酒は最高

 マラソンはしんどかったけど来て良かった。 

 てか、やっぱマラソンはちゃんと練習して摂生のある生活をしないときついっすね
プロフィール

かつゆみ

Author:かつゆみ
趣味:マラソン、山登り、読書、一人旅、たま~にサーフィン、ダイビング
好きな場所:森の中、水の中、居酒屋

ただいま、ボルネオ島に潜伏中。。

WHAT's New?!
・2010年に引き続き2011年クライバトン(キナバル山登山競争)に出場!今年もなんとか完走できました!
・2011年12月 Singapore Marathonに出場

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。